ニックネームsophie1231
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2017年01月11日(水) 17時18分

歯茎に膿の出口ができる

歯根破折とは、歯の根っこが割れたり、ヒビ割れたりすることをいいます。歯根破折は、石のような硬い物を誤って噛んだ、歯ぎしり、打撲など歯への大きな負担が誘発原因となり、過去に歯髄を除去した歯や、歯の中にある神経や血管にまで虫歯が達した歯に多くみられます。しかし、ごくまれに健康な歯でもみられることがあります。『オートクレーブ
歯茎の腫れがある、歯や歯茎の痛みがある、咬合痛がある、歯茎に膿の出口ができる、被せ物が外れやすい、歯がぐらつく、出血がある。

このような症状がみられることもありますが、自覚症状がないこともあります。該当する症状が現れた場合は、速やかに受診し、適切な処置を受けることが必要です。症状がありながら放っておくと、破折したこところが細菌感染を起こし、炎症が大きくなって顎の骨が溶けてしまい、その後の治療に悪影響を及ぼすことも考えられます。根管内の清掃、洗浄、消毒を行い、併せて破折している部分を歯科材料で埋めます。『歯科通販

根管治療によって痛みや炎症などが治まったら、根管に薬剤を詰めて被せ物や詰め物を入れることができ、再び歯の機能を取り戻すことができます。破折や感染が小さい場合に行われる治療です。小臼歯や大臼歯の中には、歯の根っこが2~3本あるものもあります。問題のある歯の根っこだけを切断して、抜歯を行います。残せる歯の根っこは歯内治療を行い、お口の状態によって、単体で歯の機能を取り戻せる「クラウン」を装着する場合と、隣の歯を削って連結させる「ブリッジ」や「延長ブリッジ」を装着する場合があります。歯の根っこの本数や、破折や感染の程度、お口全体の状態などの条件があえば受けられる治療です。『光重合器
この記事へのトラックバックURL
http://aaaathena.prtls.jp/tb/d_c2163812117e11b5
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2017 年 10 月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031